상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
144109.jpg
KCI등재 학술저널

落第した蒔岡家

- 雪子の縁談から読む「細雪」論 -

  • 65

谷崎潤一郎の長編小説 「細雪」 は1943年に連載が始まったが、戦時中という時局にそぐわ ないとして軍部によって中断された作品である。しかし、掲載の見込みが立たない状態の中、谷崎は疎開しながらも執筆を続け、1948年に完成し、刊行に至っている。物語は「旧幕時代からの由緒を誇る」船場の店舗を所有していた旧家の四姉妹の日常を描いた作品である。そ の中でも三女雪子の縁談の物語は、 細雪 の軸となる出来事である。 物語の中で雪子は五回の縁談を経験している。沢崎との縁談は初めてお見合いのために 蒔岡家が空間の移動を行っており、また初めて雪子が相手から断られるという経験をした出 来事である。空間の移動によって近代というコンテクストが克明になり、雪子が相手から「落 第」の評価を受ける背景には、このコンテクストが起因している。 物語時間の以前に行われた三枝との縁談は、物語の中で行われた出来事ではないが、この 縁談がテクストの中で二回にわたって登場していることは、看過してはならない。父親の死後、辰雄によって持ち込まれた三枝との縁談は、結局雪子によって破談になったのだが、こ の記憶が、名古屋の素封家沢崎とのお見合いの後、再度想起させられていることに注目した い。それまでは自らの立場を語ることがなかった雪子が、ここで初めて自らの立場を述べて おり、利用される立場としての自身を認識していることが明らかになっている。 「細雪」 は、 縁談の出来事から、蒔岡家という「旧幕時代からの由緒を誇る」旧家が時代の流れによって 転落する模様を描いており、その中で雪子は利用される存在としての自身の立場を認識している。

Junichiro Tanizaki’s novel “Sasameyuki” was a serial work started in 1943, but it was interrupted by the military as not being suitable for the time of the war. However, Tanizaki continued writing while evacuating it in the state where the prospect of publication is not established, it was completed in 1948 and has been published. The story is a work that depicts the everyday of the four sisters of the former house who owned a store in Senba “time-honored from the Tokugawa period”. The story of marriage proposal of Yukiko (third daughter) is the event that becomes the axis of “Sasameyuki”. In the story, Yukiko has experienced five matchmakings. A matchmaking with Sawazaki is the event that the Makioka family is moving the space in order to the first matchmaking, and the experience that Yukiko refused from the part-ner is at first time. This context is attributable to the background that the context of modernity became clear by the movement of the space and Yukiko receives the evaluation of “failing” from the opponent. A matchmaking with Saegusa was held before the time that the story depicts, but it should not be overlooked that this matchmaking appears twice in the text. After the death of hers’ father, the matchmaking with Saegusa brought in by Tatsuo ended up being dismissed by Yukiko, but I want to pay attention that the memory was recalled again after matchmaking with Sawazaki, a wealthy family, in Nagoya. Yukiko who had never talked about her position until then talked about her own position at first time, and it is clear that she recognizes herself as her position to be used. “Sasameyuki” depicts a pattern that Makioka family “time-honored from the Tokugawa period” falls due to the flow of the era, Yukiko specially recognizes herself as her position to be used is his own recog-nize the position, from the event of the marriage proposal.

Ⅰ. はじめに

Ⅱ. 三枝との縁談─最初のお見合い

Ⅲ. 沢崎との縁談

Ⅳ. 三枝との縁談─想起される記憶としてのお見合い

Ⅴ. まとめに

로딩중