상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
146802.jpg
KCI등재 학술저널

日本における会社分割と債権者保護

- 濫用的会社分割事案に対する判例紹介を中心に -

  • 5

本稿は、会社法における債権者保護のあり方について、とりわけ日本における平成17年の会社法制定後に多発した濫用的会社分割について、判例がどのようなスキームによって債権者保護を図ってきたかを概観した上で、平成26年の法改正後の会社法規定の概要と、なお残る問題点について紹介し、機動的な組織再編行為を重要視するあまりに債権者保護が疎かになることを防ぐべきとの観点から、両者のバランスをどのように図るべきかにつき、若干の検討を加えるものである。

In this paper I show outline the way of creditor protection in the Company Law in Japan with the perspective of Balance between necessary creditor protection procedures and flexible corporate reorganization, especially about what kind of scheme the precedent has been seeking to protect the creditors in cases of abusing Company Split and new means for creditor protection.

1 会社分割における債権者保護手続きと濫用 的会社分割

2 濫用的(詐害的)会社分割に関する判例

3 残存債権者の直接履行請求権による債権者保護

4 知れていない債権者の保護

5 終わりに

로딩중