상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
149988.jpg
KCI등재 학술저널

同時タクシス連体節の時間性について

韓国語との対照を中心に

  • 27

本論文は韓国語と日本語の同時的な時間関係を表わす連体節のテンス·アスペクトを対象としたものである。時間的限定性、タクシス、動詞タイプなどの観点から考察し、その主な内容としては、大きく次の二点にまとめられる。 第1点目は、連体節のテンス·アスペクトの意味を実現する文法的な条件とその順序である。つまり、1)時間的限定性の有無、2)タクシス(継起関係か同時関係か)、3)主節テンス(未来/現在/過去)、4)連体節の述語タイプ(内的限界動詞かどうか)である。この順序は非常に厳格であり、相互交替は不可能である。 第2点目は韓国語の「던(ten)」の使用条件と意味についてである。まず、基本的に同時的なタクシスで連体節の述語が文法的に限界づけられていない(unbounded)場合は義務的であり、限界づけられると任意的になる。また、継起性やアスペクトを表わす場合はなじみにくい。次は「던」の文法的な意味としては、時間名詞のようにはたらき連体節を絶対テンス化し、話し手の目撃性を表わすものと考えられる。

In this article, we deal with tense and aspect of ad-nominal clauses which express simultaneity taxis in Korean and Japanese. Our analysis is based on the notions of temporal localization, taxis, and verb types, and its core results are twofold as follows. Firstly, our primary finding is concerned with grammatical conditions and their order which are relevant to the realization of temporal and aspectual meanings of ad-nominal clauses. That is, (i) the presence/absence of temporal localization, (ii) taxis (temporally sequential relation, simultaneity), (iii) tense of a matrix clause (future, present, past), and (iv) the types of predicate in an ad-nominal clause (telic, atelic). This order is strict and cannot be overridden. Secondly, another central outcome of our study pertains to the conditions on the use of 던 (ten) and its grammatical meaning. The use of this grammatical item is obligatory when the predicate of an ad-nominal clause is grammatically unbounded due to simultaneity taxis; otherwise, it is optional. Moreover, the use of the grammatical item is not natural when simultaneity or aspect is expressed. As for the grammatical meaning of 던 (ten), it behaves like a temporal noun, as a result of which the ad-nominal clause has absolute tense, and the speaker’s evidentiality is expressed.

1. はじめに

2. 考察の前提

3.同時タクシスの連体節

4. 「던」の意味機能

5. おわりに

参考文献

Abstract

로딩중