상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
151033.jpg
KCI등재 학술저널

中国の大学の日本語教科書におけるオノマトペの分析

新日本語能力試験と比較して

オノマトペは日本人の日常生活に広く使われており、日本語の特徴の一つと言える。しかし、中国人日本語学習者にとって日本語オノマトペを使いこなすことは非常に難しい。そこで、本稿では、日本語語彙教育の立場からより効果的なオノマトペの習得のために、中国の大学の日本語教科書と中国で出版された新日本語能力試験の9年間の既出問題集に収録されたオノマトペを研究対象とし、オノマトペをデータベース化して比較研究を行った。その結果、第一に、中国の大学の日本語教科書の延べ語数と異なり語数にほとんど差がないことや、日本語教科書に収録されるオノマトペの数は少なく、各教科書の巻別の間にはオノマトペ語彙数の差が見られた。第二に、新日本語能力試験に出現した高頻度オノマトペは、選択肢としての高頻度オノマトペに比べ、高頻度オノマトペに対する重要度も異なっていることがわかった。第三に、日本語教科書と新日本語能力試験に共通するオノマトペを比較·分析したが、日本語教科書における日本語語彙教育と新日本語能力試験対策のためのオノマトペの語彙教育との間にずれが見られた。

Widely used in Japanese, onomatopoeia are a striking characteristic of Japanese. Comparatively, Chinese does not have too many onomatopoeia. Additionally, Chinese and Japanese vary significantly between each other in terms of their word class and morphology. Thus, it can be seen that Chinese learners find Japanese onomatopoeia very difficult. Therefore, from the perspective of Japanese education, this paper adopts onomatopoeia in Japanese textbooks used by Chinese colleges, and extracts this onomatopoeia to build a database for analysis. Moreover, on the basis of analyzing these Japanese textbooks, the collection of onomatopoeia in Japanese-Language Proficiency Test is studied. These onomatopoeia are extracted from Japanese-Language Proficiency Test to establish a database. At the same time, onomatopoeia in Japanese textbooks and in Japanese-Language Proficiency Test are comparatively studied. Results show that a small number of onomatopoeia is collected in five textbooks. This comparison of onomatopoeia in Japanese textbooks used by Chinese colleges and in points out the differences between onomatopoeia appearing in these two situations.

1. はじめに

2. 先行研究

3. 調査概要

4. 調査結果と分析

5. まとめと今後の課題

参考文献

로딩중