상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
151033.jpg
KCI등재 학술저널

『草枕』に表れた東西の美女の水死モチーフ

靈魂の恨みと憐れ

  • 2

本稿は『草枕』に出てくるオフェリアと長良の乙女をはじめとする東西の美女の水死モチーフを日本に傳承される美女の水死の挽歌や傳說と比較分析し、『草枕』の主旨と構造を明らかにしたうえで霊魂の恨みや生死の境について考え、漱石が『草枕』で語りたかった本當の目的が何だったのかを明らかにしようとしたものである。『草枕』の內容は長良の乙女の話からもわかるようにオフェリアのような西洋的幻想美のみならず、恨みを持ったまま自殺するという日本古代の乙女の水死モチーフが内包されていることがわかる。また『草枕』は水草や藻や椿が女性の恨みとして表わされることから日本古代の傳統的乙女の水死の內容と一致することがわかる。日本古代の乙女の水死傳說は、處女の挽歌とともに語られ、愛に対する恨みを持ったまま入水した處女の靈を憐れみ、その靈魂の恨みを解くことに目的があった。ゆえに画家が最後まで那美さんの顔に「憐れみ」を持たせることにこだわった理由は、まさにこの「憐れみ」の發現によって那美さんに憑いていた死霊の恨みが解けたことを意味していたと言える。

This is a study on the motif of death from drowning of beautiful girl of Kusamakurain the literature of SosekiNatume. We can say that there are two motives of death from drowning of beautiful girl in it. One is western motif so as Oferiaand the other is Japanese motif so as a Girl of Unai. The first is the visionary and the second is full of the resentment and spiritual. Soseki tried to describe these two characters in the same woman as if she had two spirits. The painter in this literature also tries to paint the death from drowning of Nami who behaves visionary and acts as if she were ghost. But he can not paint the face of Nami calling into question of the shortage of her sympathy. Because the sympathy is the most important element in the Japanese ancient literature. The sympathy makes person be set free from bad spirit. The Japanese literature of death from drowning of beautiful girl so as a Girl of Unaiexists to satisfy the resentment of spirit and to make spirit be set free from bad spirit or ghost.

1. 序論

2. 東西の美女の水死

3. 女の恨みと霊魂

4. 生死の境と憐れ

5. 結論

參考文獻

로딩중