상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
151033.jpg
KCI등재 학술저널

黒澤明の≪八月の狂詩曲≫の 脚本の方法に関する考察

原作『鍋の中』との比較を通じて

  • 24

黒澤明の≪八月の狂詩曲≫(1991)は村田喜代子の『鍋の中』を原作としている。黒澤は生涯に3本の原爆関連映画を製作したが、≪八月の狂詩曲≫は3本の映画の中で唯一具体的に1945年の長崎原爆を扱った作品であることが注目される。本稿は既存の先行研究が原作を考慮せず、すべてを監督のものに収れんさせることに対する問題意識から出発し、映画の主題である≪原爆≫に対する問題が原作の脚色を通じてどのように具現化されたのかが主な考察内容であった。黒澤は原作の人物の設定といくつかのエピソードを借用しているだけで、主人公のお婆さんを含めた4人の孫、おばあちゃんの兄弟、ハワイのクラークなどの性格は原作と非常に違う。一方、脚本の構成、特に後半部の内容はほぼ黒沢の創作によるもので、劇映画にふさわしく大小の出来事のクライマックスを設定していることが確認できた。

Akira Kurosawa’s(1991) Rhapsody in August is based on the original Nabe-no Naka by Kiyoko Murata. Kurosawa produced three films featuring atomic bombs, and among these three, Rhapsody in August is the only work which concretely depicts Nagasaki atomic bombing in 1945. The present study questions the previous studies which do not take into consideration the original Nabe-no Naka and ascribe all the aspects of the film to Kurosawa, and analyzes the ways in which the theme of the film “atomic bomb” is manifested in the film through dramatization of the original. Kurosawa echoes the original only in terms of the profiles of the characters and some episodes, and the personal characters of the four grandchildren (including the protagonist), their siblings, Clerk in Hawaii, and so on are differently depicted from the original. On the other hand, the structure of the story, especially its latter half, is almost created by Kurosawa himself, and the climax consists of various incidents, as typically seen in narrative films.

1. はじめに

2. 原作 『鍋の中』の「スローテンポの世界」

3. 前半部の脚本の方法

4. 後半部の脚本の方法

5. おわりに

參考文獻

로딩중