상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
151563.jpg
KCI등재 학술저널

李無影日本語小説論

宗教文学としての農民小説、その文学的意味

  • 7

This paper discusses the novels of Mu-young Lee written in Japanese in the first half of the 1940s. He wrote his literal works in both Japanese and Korean during the era of Japanese colonial rule. He receives high evaluation as a leading farmer novelist in the history of Korean literature. On the other hand, he also has been negatively evaluated as a pro-Japanese collaborator for writing his works in Japanese, the language of the enemy after 1960s. This paper aims to understand his intention of writing the novels in Japanese through reading his works. As a result, his novels describe the real life of Korean farmers at the time and create “the idealized image of human” based on religious and traditional values of Korean, and this is what he attempted to tell to Japanese readers. In conclusion, the Japanese novels of Mu-young Lee are not the works of a pro-Japanese collaborator, and his purposes in writing the novels in Japanese are to tell the dream and reality of Korean people in Japanese language.

要旨: この論文は、1940年代前半に李無影(Mu-young Lee: 1908-1960)が日本語で書いた小説を対象にして論じたものである。日本の植民地統治時代の韓国で、李無影は韓国語と日本語の二つの言語で小説を書いた。韓国文学史で李無影は、韓国農民文学の先駆者として文学的に評価されている。一方で、1940年代に書いた日本語小説のために、1960年代以後「親日文学作家」としての否定的な評価を受けてきた。 本論では、日本語で小説を書いた李無影の創作の意図を作品の中から読み取ることを目的とした。考察の結果、李無影の日本語小説は、当時の韓国農民たちの現実を描きながら韓国民衆の宗教的伝統意識から表われた理想の人間像を創造し、また、それを日本の読者にも知らせることが分かった。結論として、李無影の日本語小説は親日文学ではなく、韓国民族の現実と理想を日本語で伝えることを目的としていたと言えるのである。

Ⅰ. はじめに

Ⅱ. 宗教文学として込められた農民の意味

Ⅲ. 李無影の日本語小説の文学的位置-親日文学問題への一見解として

Ⅳ. おわりに

参考文献

로딩중