상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
153313.jpg
KCI등재 학술저널

글로컬적 텍스트 해석을 통한 「다양성과 복수성」의 ‘다시 쓰기’

미디어 믹스 텍스트로서의 『골든 슬럼버』 표상을 중심으로

  • 23

この研究では伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』(2007)からメディアミックスとして拡張された韓国と日本の映画『ゴールデンスランバー』をローカルにおける「再記」としてアプローチする解釈を試みた。そして、その「再記」の結果として伊坂のテクストがどのように変容され、読者と疎通しているのかを考察した。 韓国と日本の映画『ゴールデンスランバー』は、従来の評価軸によれば、決して高い評価を得られない。しかし、ローカルで「再記」という行為がもたらした変容は確かに表象されているメディアミックスのテクストである。そして、『ゴールデンスランバー』を映画というテクストとして読んだローカルに属した人々の間ではそれが新しく共有されていることも確認できる。比較研究ではこのようにグローカル空間で再構築されたテクストを新たなフィールドにして、既存の言語文化圏を中心とする研究を解体する必要がある。そして、日常を共有する人々による「書くこと」と「読むこと」を「Showing」と同化させていくための方策を整えて行く必要もある。 結局、このような考察は「再記」の結果をどのように評価できるのかに対して、メディアミックスのテクストをグローカルのテクストとして解釈する方法的なアプローチの可能性を提案するにつながる。

This study investigated how Korean and Japanese films “Golden Slumber” were transformed locally through “Rewriting” and communicating with readers. The Japanese and Korean movies “Golden Slumber” can never be highly evaluated if evaluated according to the existing evaluation criteria. But it is the text that was written on local and it is certain that there is some activity by the media mix. It means that people in the local area are reading “Golden Slumber” as a media text and building new areas of sharing. Comparative studies need to find more “Rewriting” text in these local areas, and it is necessary to dismantle research centered on the existing language and culture. And then it is necessary to arrange a plan to make them assimilate to“writing” and “reading” by people who share daily life to “Showing”. In conclusion, this research method can suggest an approach possibility to interpret the media mix text as a text based on “glocalization” about how to evaluate the result of “Rewriting”.

1. 들어가며

2. 『골든 슬럼버』, 이사카 코타로의 텍스트

3. 『골든 슬럼버』, 다시 쓰는 텍스트

4. 이중화하는 텍스트

5. 나가며

참고문헌

로딩중