상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
157909.jpg
KCI등재 학술저널

日本語教師養成の新たな文脈

キャリアとアイデンティティの観点からの再考

  • 5

本研究はキャリアとアイデンティティの観点から、ライフコースの重要 な岐路に立つ学生を対象にした日本語教師養成のあり方を問い直すものである。本研究では、現行の日本語教師養成を受講している学生の声に耳を傾け、日本語教師養成の文脈を捉え直す。分析の資料としたのは、日本語教師養成講座の受講生に対するインタビューと、教育実習を経験した実習生間のディスカッションである。分析において観察できたのは、学生の職業選択に関わる意識や葛藤であり、日本語教育現場を支配するイデオロギーであった。また、学生のキャリア形成の契機あるいは支援となるべき大学の教師養成講座の目的と、学生自身が持つキャリア観と養成講座受講の意味づけや関連づけが必ずしも一致しているわけではないことも明らかになった。したがって、外国語教育としての「日本語」教師養成を超えて、大学教育に位置づけた日本語教師「教育」という新たな文脈で、大学の日本語教師養成の意義やあり方を捉え直す必要があることを示唆する。また、将来のキャリアとして日本語教師を目指す学生を支援していく1つのあり方として、教師アイデンティティ形成を促進する教師教育実践を行うべきであることも指摘する。

From the perspective of career and identity, in this study, we reconsider what Japanese-language teacher trainings could do for students who are at a critical phase in their life courses, and reexamine the context of the training by listening to the voices of students who are taking the current training courses to become a Japanese-language teacher. The data for this study come from interviews with these students and discussions among trainees who participated in a teaching practicum, which reveal the students’ struggles with career choices and the ideologies that dominate the field of Japanese language education. In the data, it becomes clear that the purpose of university teacher training courses, which should serve as an opportunity or support for students’ career development, did not always match with students’ own perspectives of their careers and their reasons to take the training courses. Therefore, the study suggests that it may be necessary to rethink the meaning of Japanese-language teacher training at universities in some alternative context. It also points out that teacher education that promotes teacher identity construction should be implemented as a way to support students who aim to make Japanese- language teaching their future career.

로딩중