상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
162566.jpg
KCI등재후보 학술저널

죄의식이 결여된 도손

초기「藤村詩集」을 중심으로

日本にいわゆる近代的な西欧思想、特にキリスト教の影響が頻繁に登 場するようになったのは明治期のことである。これは資本主義の発展 とともに、近代文学が確立する時期のことでもある。そしてそれは聖 書に現れたキリスト教の影響ばかりでなく、聖書の聖句そのものの影 響もまた多い。日本語訳聖書を研究してみれば、これは事実であるこ とを誰もが認めるはずである。日本語訳聖書のうち「詩編」や「雅 歌」などについてはなおさらそういえよう。藤村はキリスト教への 親炙の間に聖書や讃美歌から文学的影響を受けているが、素材としてそ れらを『藤村詩集』に活用していることが多い。ここでは聖書と藤村 作品とを比較文学的な方法によって検討することで、藤村の文学的発想 と聖書とのかかわりを考えてみた。

Ⅰ. 들어가며

Ⅱ. 범신론적 자연에의 동경

Ⅲ. 도손시에 나타난 성서의 구

Ⅳ. 마치며

참고문헌

로딩중