상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
162690.jpg
KCI등재 학술저널

日本学術論文の序論に見られる文末表現

意味機能の観点から

  • 2

本研究は日本の論文の序論に見られる文末表現を意味機能の観点で分類し、分類ごとの使用様相及び形態の特徴について明らかにすることを目標とする。分析対象としては日本語学会が発行している学術誌「日本語の研究」から最近投稿された100本の論文を抽出し、分析対象とした。意味機能による分類は泉子․メイナ-ド(1997)を参考にし、文末に用いられる表現を大きく7つに分類枠を作って分類した。その後、各分類でどのような文末形式が使用されたか、主にどのような内容に用いられるのか、その傾向について考察を行った。 分析の結果、日本の序論には事象を伝達する文末表現が最も多く使われ、その中でもパーフェクト相の「ている」と「である」の使用が目立って表れた。また、文末表現によって「だ」と「である」の使用様相が違うなど、違いが見られた。論文の筆者の意見を伝える際は「思われる」や「考えられる」のような自発動詞や使役受動動詞を用いることで筆者自身の意見をより客観化し、正當化する傾向が見られた。

The purpose of this paper is to classify sentence ending found in the introductions of Japanese academic articles according to their semantic functions, and to clarify the usage aspects and morphological characteristics of each classification of sentence endings. 100 articles, which recently submitted to the journal “Studies in Japanese Language” published by the Japanese Linguistic Society of Japan, are targeted for analysis. The classification by semantic function was based on Maynard and Izumiko(1997). Main results of the analysis are as follows : The expressions used at the end of sentences were classified into seven major categories. As a result, Sentence endings conveying events are most commonly used in Japanese introductions. and the use of “teiru” and “dearu” stood out. In addition, there were differences in the use of “da” and “dearu” depending on the sentence endings. When asserting the author’s opinion in the article, the use of spontaneous verbs such as “omowareru” and “kanngaerareru” and conjugated passive verbs tended to make the author’s own opinion more objective and justified. Through these results, it was confirmed that the tendency of the form and words of sentence endings changes.

1. はじめに

2. 先行硏究

3. 硏究方法

4. 結果及び考察

5. 終わりに

參考文獻

로딩중