상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
162690.jpg
KCI등재 학술저널

일한번역의 문제점 및 대안

大江健三郎의 1950년대 작품의 한국어번역본을 실례로

  • 7

In this study, I selected 7 works by Kenzaburo Oe in the 1950s and collected 16 Korean translations of them. I checked the foreign words, proper nouns, animal and plant names, semantically equivocal parts, and so forth, and analyzed the problems in translation. The results can be summarized in the following manner. First, the latest translations are excellent. Second, the following eight principles are necessary for Korean translation : ① foreignization + self- nationalization, ② literal translation + stylistic maintenance, ③ readability + free translation, ④ simplification, ⑤ unification, ⑥ appropriate speaking style in conversational sentences, ⑦ simplification, and ⑧ Korean correct orthography (foreign word notation, word-separated writing). Third, I presented the more natural Korean translations. Fourth, I made lists of mistranslations and frequently used katakana expressions.

本研究では、まず、大江健三郎の1950年代の作品7冊を選定し、それらの韓国語翻訳本16冊を収集した。そして、精読により片仮名の外来語、固有名詞、動植物名、訳注、意味不明なところなどをチェックし、それらの翻訳上の問題点を分析した。その結果に基づき、基本的な翻訳原則とより自然な翻訳文を提示することを試みた。 以上の結果をまとめると、次の4つのようになる。第一に、大江健三郎の1950年代の初期作品の場合、翻訳の質は最近の翻訳本が優秀であろう。これは読者への有意味な選択基準になると思われる。第二に、韓国語翻訳の際に必要な原則として、8つー①異国化+自国化、②直訳+文体維持、③可読性+意訳、④簡潔化、⑤統一化、⑥適切な話し方(会話文)、⑦単純化、⑧正しい韓国語の正書法(外来語表記、分かち書き)ーを提案した。これは今後日韓翻訳の有用なツールとして活用できるだろう。第三に、翻訳本の問題点を把握したうえで、新しい韓国語訳の対案を提示した。これは日韓対象言語学の基礎資料として有意な役割を果たすと期待される。第四に、翻訳本の誤訳や省略された語彙などのリストを作成した。これらのリストは日本語教育や翻訳教育に役立つ教材として活用できるだろう。

1. 서론

2. 大江健三郎의 한국어번역본 실태

3. 한국어 번역본의 문제점 분석 및 대안

4. 결

참고문헌

로딩중