상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
日本語文學 第98輯.jpg
KCI등재 학술저널

新聞社説における高頻度外来語の短縮語に関する日韓対照研究

9年間(2013年から2021年まで)の抽出調査を基に

本稿は、日韓両言語の新聞社説を調査対象とし、9年間(2013-2021)の社説から手作業による外来語の抽出調査を試みた。本調査結果をもとに外来語の表記の観点から短縮語の分析を行い、その結果、次のことが明らかになった。まず、上位100語における短縮語の①「量的分析」では、日本語17語、韓国語8語であり、両言語が一致する語は、5語である。両言語の短縮語を比較すると、日本語は外来語の短縮語であるが、韓国語では、漢字語、ハングル、省略のない純粋な外来語が使用されていて、日本語の方が、短縮語が使用されている例が多いことが分かった。また、全体における短縮語の割合は、両言語ともに2割以下である。次いで、②「省略方法」は、両言語ともに「後部省略」が最も多い。短縮語と原形のペアも見られ、両言語とも原形より短縮語の延べ語数が圧倒的に多いという共通する特徴が見られた。➂「語構造」の側面から、短縮語に付帯する混種語についての分析を行った。上位100語における外来語と短縮語の割合は、日本語では、「(外)47%:(混)53%」であり、混種語の割合が若干高い。一方、韓国語は、「(外)61%:(混)39%」であり、外来語の方が高い。また、品詞別では両言語ともに漢字語が大きく占めていることが明らかになった。

In this study, we investigated newspaper editorials written in both Japanese and Korean languages, and the results of a nine-year survey of extracting foreign words from editorials revealed the following. First, in the quantitative analysis of abbreviations in the top 100 words, there are 17 Japanese words and 8 Korean words, and 5 words are the same in both languages. Comparing the two languages, Japanese uses abbreviated foreign words, but Korean uses Chinese characters, Hangul, and pure foreign words without abbreviations, while Japanese uses more abbreviated words. It turns out that there are many examples. Next, as for abbreviation methods, suffix abbreviation is the most common in both languages. Pairs of abbreviated words and root forms were also found, and a common feature was seen in both languages that the total number of abbreviated words was overwhelmingly larger than that of the original forms. From the aspect of word structure, we analyzed hybrid words attached to abbreviations. Japanese has a slightly higher proportion of mixed words, while Korean has a higher proportion of foreign words. In addition, it became clear that kanji words accounted for a large part in both languages.

1. はじめに

2. 先行硏究

3. 新聞社説の調査槪要

4. 抽出した外来語の槪觀

5. 高頻度外来語の特徵

6. 短縮語の特徵

7. まとめと今後の課題

로딩중