상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
日本語文學 第98輯.jpg
KCI등재 학술저널

고토 이쿠코의 초기 시 연구

제1시집 『오전0시』와 「경성일보」를 중심으로

This paper reviews the poetry 『0 A.M』 of a female poet, Ikuko Goto, who wrote during her stay in Korea and her poems in 「The Keijo Nippo」. Research on her has not been conducted in Korea. However, her poems must be reviewed because they contain a sense of criticism of Japanese imperialism during the Japanese colonial era. This paper reviewed the poems related to her husband, her life in Korea, and the evaluation about her poetry in 「The Keijo Nippo」. In 1924, in the poem 「Flowers Under the Cliff」, through which Goto had an exchange with Uchino, she expresses sympathy and comfort for his ordeal. A poem written in 1927 expresses her depression in Korea. This is considered to reflect realistic trials such as the injunction of 「Asa」 in 1926 and that of 「Azia Simyaku」 in 1927. However, she is also determined to overcome the ordeal at the same time. This is well illustrated in the passage 「I feel a strong desire to be positive about living tomorrow」 in the preface of 『0 A.M』. Her poems were widely supported by Japanese intellectuals at that time. This fact can be seen by looking at the related articles in the newspaper 「The Keijo Nippo」. Rather, this success strengthened the surveillance of the Governor-General of Korea, and the Goto and Uchino couple was deported to Japan. Consideration of her literary activities in Japan will be an issue for future work.

本論文は、女性詩人である後藤郁子が在朝鮮時代に創刊した第一詩集 『午前0時』と新聞「京城日報」に現れる彼女の詩世界を検討したものである。後藤に関する研究は韓国では未開拓であるが、詩集に帝国主義日本に対する批判の思いが描かれているだけに、後藤の詩の検討は必要である。本稿では『午前0時』掲載の詩の中で内野と朝鮮関連の詩を検討し、また朝鮮総督府により追放されるまでの関連記事を「京城日報」を通じて検討した。1924年、内野とやり取りをした詩「崖下の花」で、後藤は内野の試練に対する慰めと共感を詠っている。1927年4月作の「49号の林檎」は異国朝鮮での彼女の憂いをよく表現している。これは26年、雑誌「朝」の廃刊と27年、「亜細亜詩脈」の発禁などの現実的な試練を反映したものと思われる。 しかし、後藤は憂いと同時に、試練を克服しようとする巍然さを明らかにしている。詩集の序文「明日を生きることを肯定したい気持が静かに沸き上がって来る」との文章にそれがよく投影されている。このような後藤の決意は『鋲』の創刊という結實をもたらした。「京城日報」の関連記事を通じて彼女が当時の在朝日本人の知識人から多大な呼応を得ていたことが分かる。このような成功は却って総督府の監視の強化をもたらし、遂に1928年6月、後藤と内野夫婦は日本に追放される。 「京城日報」に発表された「嵐の中の詩」が当時の後藤の心情を代弁している。追放後も後藤と内野は作品活動を継続し、1929年8月に雑誌『宣言』を創刊する。日本での作品活動については今後の課題とする。

1. 서론

2. 본론

3. 결론

참고문헌

로딩중