상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
日本語文學 第98輯.jpg
KCI등재 학술저널

일본고전문학과 성지순례

『겐지모노가타리』 관련 고적의 중층적 구조

The city of Uji has provided various policies relating to the tourism culture relating to The Tale of Genji. In this article, I discuss issues in such tourism policies, especially those pertaining to ‘Uji Jujo Historic site’. The present study starts with the question of what types of ‘New Tourism Business’ the tourism strategies of Uji concerning ‘Uji Jujo Historic site’ correspond to. That is, I try to explicate the relation among ‘Uji Jujo Historic site’, the cultural tourism, the content tourism, and pilgrimages. More concretely, I focus on the issues of pilgrimages in The Tale of Genji by exploring Sugawara-no Takasue-no Musume’s experience of staying in Uji described in Sarashina Nikki, the concrete situations of ‘Uji Jujo Historic site’, and the original animation. I have revealed that the tourism strategies of Uji are a typical example of ‘cultural tourism’ enriched with some elements of ‘content tourism’, and that they are conceived of not only as the ‘pilgrimage’ relating to the literary work but also as the ‘anima pilgrimage’ relating to the original animation. In a nutshell, I clarify the following layered structure: The Tale of Genji as a literary work is the object of ‘culture tourism’ and ‘pilgrimage’, whilst The Tale of Genji as a cultural content is the object of ‘content tourism’ and ‘pilgrimage’.

本稿では『源氏物語』と関連した観光に最も積極的な宇治市の様々な政策の中で、特に「宇治十帖古蹟」と関連した諸問題について考察してみた。というのは、「宇治十帖古蹟」を巡る観光ビジネス戦略がどのようなものであるかを考察することで、おのずと『源氏物語』の独自の問題が浮彫りにされると思ったからである。具体的には『源氏物語』と聖地巡礼の問題をめぐり、『更級日記』の菅原孝標女の宇治体験から始まり、江戸時代から固定されつつあった「宇治十帖古蹟」の具体的な状況、それと関連した「宇治市源氏物語ミュージアム」館内上映中のオリジナルアニメーションについても検討してみた。これを通して、宇治市の観光戦略は典型的な「カルチャーツーリズム」でありながら「コンテンツツーリズム」の要素も持ち合わせており、なお文学作品と関連した「聖地巡礼」でありながらオリジナルアニメーションに対する「アニメ聖地巡礼」にも耐えることが明確にされた。要するに、文学作品としての『源氏物語』は「カルチャーツーリズム」や「聖地巡礼」の対象であり、文化コンテンツとしての『源氏物語』は「コンテンツツーリズム」と「聖地巡礼」の対象であるという重層的な構造が確認された。

1. 머리말

2. 본론

3. 결론

참고문헌

로딩중