상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
日本語文學 第100輯.jpg
KCI등재 학술저널

『다마우사기玉兎』에 보이는 놀이로서의 독서

本稿では本を読む目的として教養と学問のみではなく、遊びも重要な理由の一つとしてあげられることを確認する。まず、為永春水の人情本『玉兎』を分析し、作品中に描かれている子供の遊びを紹介していく。また、子供の遊びの一つとして読書も含まれていることを確認する。ロジェ·カイヨワとヨハン·ホイジンハの遊び論に従うと、本読みは、模倣、模擬を意味するミミクリーと競争を意味するアゴンの特徴を合わせ持つことができる遊びである。『玉兎』や他の春水人情本に描かれている本を読んでいる場面で、カイヨワとホイジンハが指さしているミミクリーの状態とミミクリーとアゴンが同時に存在する遊びとしての本読みが確認できた。読者は本を双六のような遊びの道具として使っているのである。欧米の近代哲学思潮を受け入れた日本近代文学が、‘純’という接頭語を付けられざるを得なかった理由は、すでにマスメディアとして発達した遊び道具としての文学(戯作)が存在していたからである。純文学の時代はすぎて、再び遊びとして消費される大衆文学が主流になって久しい。‘あそびとしての読書’のために作られた人情本が持つ特徴は、現代大衆文学を研究する際に絶好の比較対象となるであろう。

In this article, I confirm that not only ‘culture’ and ‘study’ but also ‘play’ are essential elements of reading. First, I analyse Tamenaga Shunsui’s Gyokuto with special reference to children’s play described therein. Second, I confirm that reading forms part of children’s play. According to Roger Caillois and Johan Huizinga’s theory of play, reading is categorised as the type of play characterised in terms of ‘mimicry’ (meaning ‘imitation’ and ‘simulation’) and ‘agon’ (meaning ‘competition’). In Gyokuto and other ninjōbon works by Tamenaga Shunsui, reading is identified as play in the above sense. That is, the readers use books as a tool for play comparable to sugoroku (Japanese board game). The reason why the Japanese modern literature, which built on American and European modern philosophies, was called ‘pure’ literature is that the popular literature pre-existed as a tool for play, developed as mass media. It has been a while since the popular literature, which is consumed in the form of play, took the place of the pure literature. The characteristics of ninjōbon works, which were created for reading as a leisure act, offer a valuable reference point for the study of the contemporary popular literature.

1. 들어가며

2. 『다마우사기』에 등장하는 놀이

3. 놀이로서의 독서

4. 나가며

참고문헌

로딩중