상세검색
최근 검색어 전체 삭제
다국어입력
즐겨찾기0
日本語文學 第101輯.jpg
KCI등재 학술저널

상(上)의 메타포적 분석

상(上)의 한・일 비교

本研究は認知言語学の理論に基づいて、多義語の拡張メカニズムを考察した。まず、対象語彙「上」の意味収集後、プロトタイプとイメージスキーマを設定した。プロトタイプは個人の経験や社会的所属によって違いが見られる。このような主観的判断を最小化するために一番客観的だと思われる辞典の1番の意味をプロトタイプにした。本研究では5つの辞書とコーパスから「上」の例文を抽出し、意味分類を行った。その結果、大きく4つのイメージスキーマを設定することができた。それは①「より多い」、②「見えるところ」、③「良いこと」、④「事の始終」である。つまり、量や数値が多くなり(より多い)だんだん上に上がると、他人の目に目立つ対象となり(見えるところ)、高い位置に到達して楽しくて満足のいく生活を営むことができる(良いこと)。これは肯定的な結果(ことの終わり)をもたらし、また新しい始まり(ことの始まり)につながるネットワークである。この結果を日本語学習に応用すれば、学習者は初めて接した文章でもその意味の推測が可能になるだろう。本研究の内容が日本語コミュニケーション能力のさらなる向上はもちろん、より高度な表現の習得に役立つことを期待する。

Cognitive linguistics is one of the most under-researched areas among many linguistic fields because it focuses on the subject of ‘meaning’, which is difficult to theoretically capture. In cognitive linguistics, research is being conducted in a way of explaining ‘meaning’ based on the cognitive structures of ‘frame’', ‘schema’, ‘cognitive domain’, and ‘Idealized Cognitive Model (ICM)’. In this paper, we excerpted basic words related to ‘Up (上)’ of space from numerous vocabularies, collected some example sentences that are used metaphorically rather than the meaning of the original spatial concepts, and drew out image schemas by finding commonalities between them. In this paper, we divided metaphoric expressions related to the ‘Up’ of space into 4 groups and analyzed them: ① ‘Large amount is Up’, ② ‘All appearances are Up’, ③ ‘Good thing is Up’, and ④ ‘The beginning and the end of things are Up’. This study is of great significance in understanding the metaphorical expressions of the basic vocabulary, ‘Up (上)’, and we expect that this will help learners to speak Japanese naturally.

1. 서론

2. 선행연구

3. 연구범위 및 방법

4. 결과 및 고찰

5. 결론

참고문헌

로딩중